むき身作業風景

浦村はリアス式海岸で有名な志摩半島の東にある港。
黒潮と穏やかな入り江に恵まれたこの地はカキの養殖に最適な所です。
浦村のカキが美味しいのは水中に有機物が多いため、餌になるプランクトンが豊富なことが上げられます。
養殖用のカキは種ガキを植え付けた帆立貝に穴をあけ、筏につるして育てます。1年で食べ頃になります。
養殖場では収穫後洗浄し滅菌水槽に入れます。「生ガキは食べたいけれど、食あたりする危険があるから」という不安を解消して、生で安心していただける美味しいカキをお届けできるというわけです。」
当養殖場ではカキの殻付とむき身をご用意いたしております。当日水揚げされたカキを滅菌処理後保冷車にて即日発送させていただきます。



とろりとした柔らかい食感、そして乳白色のプックリと肥えた牡蠣はグルメをうならせる逸品です。

さらに各種栄養分を消化吸収されやすい状態でタップリと含んでいて、優れた栄養食品となることから、俗に『海のミルク』とも呼ばれています。

生でよし、焼いてよし、煮てよしと、牡蠣はどんな調理方法でもOK。

牡蠣独特の美味しさを堪能してください。





浦村かき養殖販売 久保田水産 代表者:久保田正徳 〒517-0025 三重県鳥羽市浦村町1751-18 TEL:0599-32-5839
Copyright (c) 2007 KUBOTA Suisan. All Rights Reserved.